操作

アリウス派

(羅: Arianismus、英: Arianism)

アレクサンドリアの司祭アリウスが唱えた異端説を奉じる一派。アリウスは三位一体説において,子は世界創造以前に父からみずからの存在を直接に受けている点で他の被造物と異なっているが,なお神とは異質であり,他の被造物と同じく無より造られたと説いた。

アレクサンドリア地方会議 (321) ,ニカイア公会議 (325) でこの説は排斥され,アリウスは追放された。この間ニコメディアのエウセビオスが援助。

コンスタンチウス2世(在位 337~361) はアリウス派に加担して反アリウスの急先鋒アタナシウスを追放し,正統派を迫害した。

同帝のもとでアリウス派の勢力は伸長したが,やがて次の3派に分れて抗争するにいたった。

(1) 過激派アノモイオス説 エウノミウスなど。
(2) 折衷派 アカキウスなど。ニカイア公会議の決定に近い。
(3) 反アリウス派 ホモウシオス説。バシリウスなど。

しかしアリウス派は,テオドシウス1世 (在位 379~395) 以後勢力を失った。