actions

アマランサス


アマランサス学名: Amaranthus)はヒユ科ヒユ属(アマランサス属)の植物の総称。アマランスとも。

ギリシャ語Αμάρανθος(アマラントス、(花が)しおれることがない)が語源である。

形態・生態

一年草。非耐寒性。互生し、晩夏から初秋にかけて色づく。

栽培

アマランサスは紀元前6世紀から栽培されている[1]アステカ人には「 huauhtli 」と呼ばれ、彼らの主食であり、儀式の食事と飲み物にも加工されるためアステカ宗教English版に欠かせない穀物であった。スペイン人に侵略されて栽培が禁止される以前では、エネルギー消費量の80%を占めていたと考えられている。

アマランサスは、pH塩分環境温度の変化、干ばつに強い丈夫な植物である[2]。遺伝的多様性と環境適応能力に優れている[3]

人間との関わり

ファイル:Día de muertos.jpg
南米の祝祭「死者の日」には、ドクロの形をしたアマランサスのおこしが作られる。

テンプレート:Nutritional value テンプレート:Nutritional value 観葉植物としても栽培される。花からは系の染料ベタレイン)が採れ、その色はアマランス色English版)と呼ばれる。ただし、合成着色料赤色2号もアマランスと名づけられているが、色が似ているだけで無関係な物質である。

油も作られる。

アマランサスの中でも、ヒモゲイトウ (Amaranthus caudatus) が最も大規模に栽培されている。

食用

古代南米インカ文明などでは、種子を穀物として食用にしてきた。これはトウモロコシ豆類に匹敵する重要作物であった。19世紀に入るとインドなどでも大規模に栽培されるようになった。日本へは江戸時代に、主に観賞用として伝来した。東北地方では小規模ながら、アカアワなどの名前で食用にも栽培されていた。

中国では、中国語北京語)で 莧菜xiàncài、シエンツァイ)、広東語莧菜yin6choi3、インチョイ)、上海語米莧 (ミーシ)と呼び、緑色の葉とを食用にしている。英語では、一般に chinese spinach(中国のホウレンソウ)などと呼ぶが、オーストラリアでは、広東語を英語風に書いた een choy(イーンチョイ)を野菜としての標準名としている。独特のえぐ味と濃い風味がある。炒めると葉に含まれる色素に溶出して、紅色に染まる品種が多いが、赤くならない品種もある。

アフリカの一部では、ホナガイヌビユの葉が食用とされている[4][5]。ジャマイカでは、カラルーEnglish版と呼ばれ、モルディブでもディベヒ語で massaagu と呼ばれ料理に使われる[6]。ほか、インドでも野菜として食され、サンスクリット語で Tanduliya と呼ばれる伝統的なアーユルヴェーダ医学のハーブとして利用されている[7]。葉以外の種子も水で茹でたり、ビスケットにしたり、スナックとしても食用可能である[8]

栄養

種子
種子は生の状態では、栄養の吸収が阻害されるため消化できない[9]。したがって、ほかの穀物のように調理しなければならない。
リンマンガンなどのミネラルを豊富に含む。アミノ酸リシンタンパク質にも優れる[10]。しかし、必須アミノ酸ロイシントレオニンは不足している[11][12]
Educational Concerns For Hunger Organization (ECHO)によれば、シュウ酸塩硝酸塩サポニンポリフェノール化合物などの反栄養素English版を含む[1]。これらは水で茹でた後、水を捨てる等の調理法で毒性を減らせる。
グルテンを含まないため、グルテン関連障害の人々、グルテンフリー・ダイエットに最適である[13][14][15]
調理した葉には、ビタミンAビタミンCカルシウム、マンガン、葉酸が豊富である[16]

分類

ヒユ(莧、A. tricolor)の仲間であるが、形態は多様である。和名に「ケイトウ(鶏頭)」を含む種も多いが、ケイトウ (Celosia argentea) は同科別属である。

ヒユ属の種分化は非常に多様で、雑種も多く、分類は難しい。の数は分類により約20種 - 約300種と大きな幅がある[17]。近年の研究によると、ヒユ属は3亜属[18]70種[19]に分類できる。

ITISによる42種を挙げる。和名・英名との対応は、別の分類では異なることもある。

脚注

  1. 1.0 1.1 Amaranth: Grain & Vegetable Types (PDF)”. ECHO Technical Note (1983年). . 2018.3.18閲覧.
  2. Zhu, Fan (2017-01-22). “Structures, physicochemical properties, and applications of amaranth starch”. Critical Reviews in Food Science and Nutrition 57 (2): 313–325. doi:10.1080/10408398.2013.862784. ISSN 1040-8398. PMID 25831476. https://dx.doi.org/10.1080/10408398.2013.862784. 
  3. Rastogi, A; Shukla, S (2013). “Amaranth: A new millennium crop of nutraceutical values”. Critical Reviews in Food Science and Nutrition 53 (2): 109–25. doi:10.1080/10408398.2010.517876. PMID 23072528. 
  4. 写真で見る外来雑草畜産技術協会、1995年。ISBN 4-88137-056-1。
    • 岩瀬徹 『形とくらしの雑草図鑑 : 見分ける、身近な280種』 全国農村教育協会〈野外観察ハンドブック〉、2007年。ISBN 978-4-88137-135-0。
    • 岩瀬徹・川名興・飯島和子 『校庭の雑草』 全国農村教育協会〈野外観察ハンドブック〉、2009年、4版。ISBN 978-4-88137-146-6。
    • 亀田龍吉・有沢重雄 『花と葉で見わける野草』 近田文弘監修、小学館、2010年。ISBN 978-4-09-208303-5。
  5. Grubben, G.J.H. & Denton, O.A. (2004) Plant Resources of Tropical Africa 2. Vegetables. PROTA Foundation, Wageningen; Backhuys, Leiden; CTA, Wageningen.
  6. Xavier Romero-Frias, The Maldive Islanders, A Study of the Popular Culture of an Ancient Ocean Kingdom. Barcelona 1999, 84-7254-801-5{{#invoke:check isxn|check_isbn|84-7254-801-5|error={{#invoke:Error|error|{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。|tag=span}}}}
  7. R.V. Nair, Controversial drug plants
  8. Low, Tim (1985). Wild Herbs of Australia & New Zealand. Angus & Robertson Publishers, 44. ISBN 0207151679. 
  9. All About Amaranth”. USA Emergency Supply. . 2018.3.18閲覧.
  10. Amaranth - Alternative Field Crops Manual”. University of Wisconsin & University of Minneasota. . 1 September 2011閲覧.
  11. Ricardo Bressani, Luiz G. Elias and Arnoldo Garcia-Soto (1989). “Limiting amino acids in raw and processed amaranth grain protein from biological tests”. Plant Foods for Human Nutrition (Kluwer Academic Publishers) 39 (3): 223–234. doi:10.1007/BF01091933. 
  12. “Chemical Composition of the Above-ground Biomass of Amaranthus cruentus and A. hypochondriacus”. ACTA VET. BRNO 75: 133–138. (2006). http://actavet.vfu.cz/pdf/200675010133.pdf. 
  13. “Cereal-based gluten-free food: how to reconcile nutritional and technological properties of wheat proteins with safety for celiac disease patients”. Nutrients 6 (2): 575–90. (Jan 29, 2014). doi:10.3390/nu6020575. PMC 3942718. PMID 24481131. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3942718. 
  14. “Gluten-free diet in children: an approach to a nutritionally adequate and balanced diet”. Nutrients 5 (11): 4553–65. (Nov 18, 2013). doi:10.3390/nu5114553. PMC 3847748. PMID 24253052. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3847748. 
  15. Gallagher, E.; T. R. Gormley; E. K. Arendt. “Recent advances in the formulation of gluten-free cereal-based products”. Trends in Food Science & Technology 15 (3–4): 143–152. doi:10.1016/j.tifs.2003.09.012. https://www.researchgate.net/profile/T_Gormley/publication/228866803_Recent_advances_in_the_formulation_of_gluten-free_cereal-based_products/links/00b7d526109c175ac9000000.pdf. 
  16. Amaranth leaves, cooked, boiled, drained, without salt, per 100 g”. Conde Nast for the USDA National Nutrient Database, release SR-21 (2015年). . 4 February 2016閲覧.
  17. NBCI Taxonomy Browserは(雑種・未記載除き)23種、ITISは42種
  18. Mosyakin, S.L.; Robertson, K.R. (1996), “New infrageneric taxa and combinations in Amaranthus (Amaranthaceae)”, Ann. Bot. Fennici 33: 275-281 
  19. Juan, R.; et al. (2007), “Electrophoretic characterization of Amaranthus L. seed proteins and its systematic implication”, Botanical Journal of the Linnean Society 155: 57-63. 

関連項目

外部リンク