actions

アフガニスタン民主共和国


アフガニスタン民主共和国とは、アフガニスタン1978年から1987年まで存続した社会主義国家である。

パルチャム派とハルク派の闘争の後、ハルク派の権力闘争がタラキアミンの間で始まった。アミンは闘争に勝ち、タラキは命令で殺された。アミンの支配は国内外において不評であり、ソ連は不信感をつのらせた。ソ連は、1979年12月にアフガニスタン政府の支援を受けて介入し、彼は12月27日にソ連軍によって暗殺された。カルマルは彼の代わりにアフガニスタンの指導者になった。カルマル時代は、戦争で多数の民間人犠牲者をもたらしただけでなく、何百万人もの難民がパキスタンイランに流入した。基本原則である憲法は、1980年4月に政府によって導入され、いくつかの非PDPAメンバーは政府の支援基盤の拡大政策の一環として政府に入られた。カルマルの政策は戦争荒廃国に平和をもたらすことに失敗し、1986年にはムハンマド・ナジーブッラーがPDPA事務局長に就任した。

ナジーブッラーは野党との国家和解の政策を追求し、1987年には新しいアフガニスタン憲法が導入され、1988年にはムジャヒディーンによってボイコットされた民主的選挙が行われた。

歴史

関連項目