actions

アドレナリン

(R)-(−)-L-Epinephrine or (R)-(−)-L-adrenaline
IUPAC命名法による物質名
(R)-4-(1-hydroxy-
2-(methylamino)ethyl)benzene-1,2-diol
臨床データ
胎児危険度分類 A(AU) C(US)
法的規制 Prescription Only (S4) (AU) POM (UK) -only (US)
投与方法 点滴静脈注射気管内チューブ
薬物動態的データ
生物学的利用能 Nil (oral)
代謝 シナプス
半減期 2分
排泄 n/a
識別
CAS登録番号 51-43-4
ATCコード A01AD01 B02BC09 (WHO)C01CA24 (WHO)R01AA14 (WHO)R03AA01 (WHO)S01EA01 (WHO)
PubChem CID 838
DrugBank APRD00450
KEGG D00095
化学的データ
化学式 C9H13NO3 
分子量 183.204 g/mol

アドレナリン
adrenaline、英名:アドレナリン、米名:エピネフリン、IUPAC組織名:4-[1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]ベンゼン-1,2-ジオール)

エピネフリン epinephrine,エピレナミン epirenaminともいう。副腎髄質ホルモンの一種。

融点 211~212℃ (分解) 。 1901年に高峰譲吉が発見した。白色粉末で空気酸化を受け褐色になる。インスリンと反対に血液中の糖の濃度を高める作用を示す。

交感神経刺激剤として用いる。

脚注




楽天市場検索: