actions

アデレード市街地コース

テンプレート:Infobox motorsport venue アデレード・ストリート・サーキット: Adelaide Street Circuit、アデレード市街地コース)は、オーストラリア南部の都市アデレードにあるサーキット公道コース)。1985年から1995年までF1オーストラリアGPに使用された。

概要

ヴィクトリア公園(第16公園)を基点に、周辺のアデレード市街を使用するレイアウトである。もともと、ヴィクトリア公園には、ヴィクトリア公園競馬場が設置されており、コントロールライン、ピット、パドックは競馬場の内馬場部分に特別に作られた。 なお、競馬場は、2008年のアデレード市議会にて、馬場とサーキットコースの改修案が否決されたことを受け、モーフェットビル競馬場に移転している。

公園内の常設コースをスタートし、旧競馬場芝コースを跨ぐと第1シケイン(セナ・シケイン)があり、一般道への取り付け道路からウェイクフィールド・ロードに入る。第15公園の縁を進むようにイースト・テラスに入り、第15公園とライミル公園(第14公園)の間を進むバーテルズ・ロードへ。そしてブラバムストレートとも呼ばれるハイウェイA21号線に入り、ラウンドアバウトからウェイクフィールド・ロードへ戻るとヴィクトリア公園取り付け道路へ、緩やかなS字を抜け、最終ヘアピンカーブを立ち上がると一周である。

かつてF1ALMSを開催をしていたコースはグランプリコースと呼ばれ、ジョーンズブラバムというロングストレート2本を擁していた。グランプリコースは、バーテルズ・ロードに入らずライミル公園の縁を進むコースで、ジョーンズはランドル・ロード、ブラバムはA21号線に該当する。

市街地コースでありながら、オーバーテイクができると人気であったが、オーストラリアGPは1996年からはメルボルンアルバートパークサーキットに移っていった。 現在は、V8スーパーカーシリーズの1戦、アデレード500が行われている。

過去の特筆すべきレース

ファイル:Adelaide f1.jpg
F1で使用されたレイアウト

関連項目

座標: 東経138度37分13.20秒南緯34.9304472度 東経138.6203333度-34.9304472; 138.6203333

外部リンク