actions

わが母の記

わが母の記』(わがははのき)は、井上靖作の日本の小説。また、それを原作とした2012年公開の日本映画

概要

昭和の文豪である井上靖が68歳の時に出版した自伝的小説。老いた母の80歳から亡くなる89歳について書かれた「花の下」(1964年)、「月の光」(1969年)、「雪の面」(1974年)の3部作となっている。

しろばんば』などに描かれている5歳の時から8年間、伊豆の山奥の土蔵で彼を育てた曽祖父の妾で小説家の伊上洪作とは血の繋がらない「おぬいばあさん」(実在の名は「おかの」)との生活について、自分は捨てられたのではないかという疑問があった。ある朝、おぬいに息子を奪われたという母親・八重の言葉に感情を抑えられなくなった伊上は、初めて母と対決しようと「息子さんを郷里に置き去りにしたんですよね」と問いつめる。しかし、八重の口からこぼれたのは、伊上が想像もしなかったある「想い」だった。

2012年原田眞人監督、役所広司主演で映画化された。

書誌情報

  • 講談社 『わが母の記』 1975年発行 ASIN B000J967XG
  • 講談社文庫『わが母の記 花の下・月の光・雪の面』 1977年5月発行 ASIN B000J8UDEQ
  • 講談社文芸文庫『わが母の記 花の下・月の光・雪の面』 1997年7月発行 ISBN 978-4061975750
  • 『井上靖短篇集 第五巻』 1999年4月発行 ISBN 978-4000263054
  • 講談社文庫『わが母の記』2012年3月発行 ISBN 978-4062772228

映画

テンプレート:Infobox film 映画『わが母の記』(英題:Chronicle of My Mother)は、2012年に公開された。監督は原田眞人、主演は役所広司樹木希林。第35回モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞。

キャッチコピーは「たとえ忘れてしまっても、きっと愛だけが残る。

井上靖の育った地である伊豆市や沼津市にて、地元の全面支援体制でロケ撮影が行われ、実際に東京都世田谷区にある井上の自邸でも行われた[1]

全国223スクリーンで公開され、2012年4月28、29日の初日2日間で興収1億1859万9200円、動員10万8720人となり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位となった[2]

キャスト

スタッフ

受賞

関連作品

出典

外部リンク