actions

かほく市


かほく市(かほくし)は、石川県中部に位置する

地理

隣接する自治体

歴史

沿革

人口

かほく市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

行政

市長

歴代市長
氏名 就任 退任 備考
宮本一雄 2004年(平成16年)3月1日 2004年(平成16年)4月10日 市長職務執行者、旧宇ノ気町長
1 1 油野和一郎 2004年(平成16年)4月11日 2008年(平成20年)4月10日 旧七塚町長
2 2008年(平成20年)4月11日 2012年(平成24年)4月10日
3 2012年(平成24年)4月11日 2016年(平成28年)4月10日
4 2016年(平成28年)4月11日 現職
  • 市長 - 油野 和一郎(あぶらの・わいちろう)

市議会

  • 議員定数18人

市役所

  • かほく市では、分庁方式を採用しており、旧宇ノ気町役場がかほく市役所となっている。
かほく市役所
  • かほく市宇野気ニ81番地
高松庁舎
  • かほく市高松ウ1番地1
七塚庁舎
  • かほく市浜北ハ6番地1

経済

産業

ゴム紐等の繊維関連の製造が地場産業として盛んだが近年は仕事量が減り、規模の縮小や工場をたたむ所も少なくない。 他に砂丘を利用したぶどう、すいか、長いも等の果樹栽培も行っている。

なお、同市には富士通グループのPFU本社がある。市内で創業したウノケ電子工業を前身とするコンピュータ関連メーカーであり、イメージスキャナの生産では世界トップシェアを占める。

主な事業所

名産品

商業

商業施設
2008年(平成20年)10月31日に開業。店舗面積は67,000m²であり、北陸3県において最大規模の商業施設である。イオンかほく店と130の専門店、複合映画館(シネマサンシャインかほく)からなる。

姉妹都市・提携都市

公共機関

警察

消防

図書館

  • かほく市立中央図書館(七塚)

教育

小学校

  • 宇ノ気小学校
  • 金津小学校
  • 高松小学校
  • 大海小学校
  • 七塚小学校
  • 外日角小学校

中学校

  • 宇ノ気中学校
  • 高松中学校
  • 河北台中学校
  • 2006年にかほく市立宇ノ気中学校と河北台中学校の新校舎が完成。
  • 旧宇ノ気町大崎地区に唯一の河北台商業高等学校が存在したが廃校となっている。

大学

交通

鉄道

宇野気駅は、すべての普通列車と一部の特急列車が停車する有人駅。
横山駅は、すべての普通列車が停車する無人駅。
高松駅は、すべての普通列車と一部の特急列車が停車する有人駅。

バス

子会社の北鉄金沢バス石川県道8号松任宇ノ気線を経由する路線バス(内灘線:兼六園下 - 内灘駅 - 宇野気駅)を運行している。ただし、市内に乗り入れる本数は限られている。かつては、主に国道159号を経由して市内を縦断する路線(羽咋線・高松線など)があったが、2009年(平成21年)に廃止された。
また、のと里山海道には金沢と能登地方を結ぶ特急バスが運行されているが、市内には特急バスが停車する停留所は存在しない。2004年(平成16年)には能登有料道路の高松サービスエリアに特急バスの停留所が設置予定であり、2017年現在設置されている。
旧高松町営バス。旧高松町の高松駅を中心に、旧高松町域全般および津幡町河合谷地区にも路線網を展開している。
  • 福祉巡回バス
2009年(平成21年)10月13日から本格運行した無料のバス。上記の鉄道駅や福祉施設などを経由し、かつて北陸鉄道が運行していた路線にも展開している。4ルートが設定されているものの、運行は平日の各ルート指定曜日のみ運行となっている。

道路

観光

ファイル:Nishida Museum.jpg
石川県西田幾多郎記念哲学館(建築家安藤忠雄が設計を手掛けている)

史跡・旧跡

寺社

施設

マスメディア

出身有名人

その他

2017年8月に開催された、市民ボランティア組織「かほく市ママ課」(市の正式な組織ではない)と財務省主計官との意見交換会において、同組織メンバーから独身税の提案があったとして、「かほく市が独身税を提案」との趣旨で報道され物議を醸した。市はこれを受け「市として独身税を提案するものではないし、今後も提案する予定は全くない」旨のコメントを公表している。[1]

脚注

関連項目

外部リンク